スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物紹介・16 中村 香澄

     香澄(カラー3)











名前:中村 香澄(なかむら かすみ)

誕生日:11/4

利き腕:右

身長:154cm(高校二年生時)+α

体重:50kg(平常時)

階級:ライト・フライ級~フライ級

ボクシングスタイル:右ボクサーファイター

詳細:
私立・都和泉(みやこいずみ)高校女子ボクシング部、主将。また、光華(こうか)一中卒業生で、同女子ボクシング部でのナミの先輩に当たる。

ナミより1つ上の学年。

肩に掛かるぐらいの長さの髪、パーマを当て軽くウェーブを入れている。

一人称は『私』。

香澄は中村家の長女として生を受ける。4つ上の兄が1人いる。中村家は両親ともに働いており、家庭レベルはごく平凡。ただ、母親が若い頃から格闘技好きで、その影響から中学からボクシングを始める(させられる?)ようになる(ちなみに兄は剣道を嗜む)。
始めた当初こそあまりやる気のなかった香澄だが、ただ辞めるのも癪だったのか持ち前の負けん気で継続していく。

地味だが研究熱心な性格で、どちらかというとトレーナーやコーチの方が様になるタイプ。

偏見や差別などはほとんどなく、中国人留学生である曹 麗美(ツァオ リーメイ)が女子ボクシング部に入部してきた時も、真っ先に声を掛けている。

ボクシングスタイルは、オフェンス・ディフェンスとも卒なくこなせるオールラウンダー。相手の事を事前に研究し、それに沿って闘い方を変えるタイプ。
パンチ力、動体視力など主だった要素は平均的にある。が、ひとつ突出した能力もない為、器用貧乏との酷評を受ける事も……

中学時代の後輩、下司 ナミに並々ならぬ感情を持つ。

中学時代に、ある公式戦の出場権を賭けて彼女と試合を行ったものの、失神KOという屈辱的敗北を味わう羽目になってしまう。その事で心無い部員から『恥晒し』だの『弱小ボクサー』だのと中傷を受けたのがきっかけで、ナミに暗い感情を抱いてしまったようである。
紆余曲折を経て、I・H予選、準決勝戦で敗れてからは和解し以降はナミの事を応援するようになっていく。

得意パンチは特になし。ただ、相手のデータを把握した上でクロスカウンターを決められるぐらいのテクニックはある為、大抵の事には対応してくる。
逆に、データにない行動を取られると弱い。

何気に大食漢で、中華料理となると目の色が変わる。

プロになろうという意思はなく、ある程度満足出来たら現役を引退するつもりでいる。

学業は中の上程度。

暇があれば小説を読む程の活字中毒者。

責任感が強く実力以上に頼りにされる為、委員長や主将など取り仕切る立場に立つ事が多い。が、本人も満更ではない模様。

趣味は小説(ジャンル問わず)を読む事、自分を鍛える事、1人で食べ歩き、など。

後輩のナミと麗美の事を特に応援している。
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

チャパロット

Author:チャパロット
基本的に携帯サイトで書かせて頂いているもののリメイク(?)ですが、ちょくちょく文を変更してたりします(あと拙いですが自作絵なども)。
何かある方は、ckcwb305あっとまーくsutv.zaq.ne.jpにご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。