スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物紹介・33 宇都宮 弘美

     弘美(カラー)










名前:宇都宮 弘美(うつのみや ひろみ)

誕生日:5/18

身長:151cm(初登場時)

体重:48.6kg(平常時)

利き腕:右

階級:ライト・フライ級

ボクシングスタイル:右ボクサーファイター


詳細:
光陵高校、女子ボクシング部発足から見て第3期の新入部員。肩甲骨程度まで伸ばしたロングヘアーに、緩いウェーブを当てている。

均整の取れた面立ちだが、細く吊り上がった眼が挑戦的、もしくは生意気な印象を与える。ただ外見以上に性格面で、より生意気なイメージを相手に植え付けてしまうのだが……

性格は負けん気とプライドが人一倍強く、反骨精神旺盛。相手がたとえ先輩や顧問であろうと、平然と食いつく胆力を持つ。
但し、それらは強烈な自信に裏打ちされたもので、拠り所を崩されると途端に脆さを露呈させてしまう。

一人称は『わたくし』。

初登場は『光陵高校女子ボクシング部・プロボクシング編』第42話。

弘美は、宇都宮家の長女として生を受ける。父は元フェザー級世界ランカー、母親は当時父が在籍していたジムの事務員、さらに2人の兄は共に現役のプロボクサーという、ガチガチのボクシング一家で育った弘美は、言わば純潔のサラブレッドである。
こんな環境にあればボクシングにのめり込むか、もしくは極端に毛嫌いするかの2択となるのは必至。

そして、弘美は前者だった。

女の子ながらも、運動目的ならとボクシングを奨励する両親、自分たちの練習の合間に手取り足取り教えてくれる兄たち、そんな環境での日々。
それに加えて弘美のセンスも良く、目に見えて技術は向上していった。

パンチ力には恵まれなかったが、相手を翻弄するスピードや殴られても食らいつくハートの強さは、特に評価されている。

幼少の頃からボクシング漬けといって差し支えない生活を送ってきた為、女の子らしい事は苦手。
髪も邪魔なので短くしたいのだが、母親が許してくれないらしい。

ボクシングスタイルは正統派な右構えのオーソドックススタイル。遠、中距離戦を好み、左ジャブで相手を牽制・撹乱し焦れて雑になった所をカウンターで切って落とす戦法を理想とする。

光陵高校に入るまでは全くの無敗、しかも公式戦では圧倒的ともいえる実力差を見せ付けてきた。その為か、ことボクシングに関しては普段以上にプライドが高い。

相手を見下ろすような態度を取る事が多い一方、認めた相手にはちゃんと礼節を尽くす一面も。

試合で負けるのは恥とする思考で、内容より結果を重視する傾向にある。

ボクシングを楽しいと感じた経験は殆どなく、どちらかといえば才能と家庭環境から続けるのは義務だと思っている。

ゆくゆくはプロボクサーの道をと考えているが、当面の目標は高校六冠に輝く事。

コンビネーションブローにカウンターにと、オールラウンドに闘える為、これが得意というパンチはなし。ただ、試合中何かと右ストレートを絡める事が多い。

中学時代からの同級生、石動 花子と伊藤 紀子との3人でよく行動している。特に紀子とは妙にウマが合うらしく、学校内外でも会う機会は多いらしい。

花子に対しては、ボクサーとしてスマートさの欠片もないと酷評するものの、一方ならない対抗意識を持っている模様。
ボクシングを楽しいと思った事のない彼女にとって、花子の楽しくて仕方ないという雰囲気は羨ましいものに映るのかも知れない。

鮮やかな青や水色など、清涼感をイメージさせる色を好む。プロボクサーになった暁には、これらを自身のパーソナルカラーにするつもりでいる。

将来の夢はプロの世界チャンピオン、そして複数階級制覇を果たす事。





スポンサーサイト

コメント

Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【登場人物紹介・33 】

     名前:宇都宮 弘美(うつのみや ひろみ)誕生日:5/18身長:151cm(初登場時)体重
プロフィール

チャパロット

Author:チャパロット
基本的に携帯サイトで書かせて頂いているもののリメイク(?)ですが、ちょくちょく文を変更してたりします(あと拙いですが自作絵なども)。
何かある方は、ckcwb305あっとまーくsutv.zaq.ne.jpにご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。