スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物紹介・30 菅谷 鮎美

  菅谷 鮎美










名前:菅谷 鮎美(すがや あゆみ)

誕生日:6/12

利き腕:右

身長:154cm(初登場時)

体重:52.80kg(平常時)

階級:フライ級

ボクシングスタイル:右ボクサーファイター

詳細:
東京、赤間(あかま)ボクシングジムに所属する女子プロボクサー。

ナミより3つ年上。

ショートカットに切り揃えた栗色の髪、クリッとした目にふにふにの頬といった愛らしい童顔。
それに似つかわしくない、かなりのエロボディを有す。
パッと見ではとても現役のプロボクサーとは思えない雰囲気を醸し出している。

一人称は『私』。

初登場は『光陵高校女子ボクシング部 プロボクシング編、第32話』。

鮎美は、菅谷家の1人娘として生を受ける。とても無邪気に笑い、興味の対象には躊躇なく向かっていくような少女だった。
とても活発で、家に籠もるより外で走り回っている事の方が多い子供時代を送っている。

そんな鮎美が、ボクシングと出会ったのは中学に入ってからの事。偶然ボクシングジムの近くを通りかかった鮎美は、何となしに中を覗き込んだ。
その中でトレーニングに励む男性達の姿を見た瞬間、瞬時にボクシングの虜となってしまう。
1度興味を抱けば、後は性格も手伝ってそのジムへ入会するのも時を必要としなかった。
娘が1度言い出したら聞かない性格なのを承知している両親は、2つ返事でOKを出す。こうして、鮎美は晴れてボクシングの世界へ身を投じていく事となる。

その後はメキメキ頭角を表し、主にジムからの出場でアマチュア大会に多数参加、好成績を残していった。

世界的に有名な資産家・棗 泰三(なつめ たいぞう)の長女・希美(のぞみ)とは、高校での先輩後輩の間柄。
高校時代に何かと目をかけて貰い、尊敬の対象として「棗先生」と呼び慕っている。

ボクシングスタイルは、どの距離でも不可なくこなすオールラウンダー。
パンチ力というよりはパワーが凄まじく、そのボディーアッパーはガード越しでも相手を浮かす程。
下半身がしっかりしており、体重移動(シフトウェイト)の連動も相まって迫力満点の強打を可能としている。
KOを量産するハードパンチャーぶりがよく取り沙汰されるが、ディフェンステクニックも卓越したものを持つ。
またスタミナやタフネスも驚異的で、プロになった時点で既に1人のボクサーとして完成されている、とまで評された。

どんなパンチでもKOに結びつく鮎美だが、敢えて得意パンチを挙げるならば右ストレート、右ボディーアッパー。

学生ボクシングには興味を示さず、最初からプロを視野に入れていた。
やや体育会系なノリだが気さくで気遣いの出来る性格からか、高校では人気が高い。

学業に力を入れていない為、成績は極々普通。

かなりの大食漢だったりするのだが、不思議と減量で苦戦した事はない。

友人は男女共にかなり多いものの、特定の恋人を作った経験はなし。どうやらボクシングに没頭している方が性に合っているらしい。

大型二輪免許及び大型バイクを所有しており、夜の街を1人走るのが密かなストレス解消法となっている。

プロボクサーでいる間、フライ級で世界チャンピオンになるのが目的。あわよくば、多団体の統一王者になる事を夢見ている。
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

チャパロット

Author:チャパロット
基本的に携帯サイトで書かせて頂いているもののリメイク(?)ですが、ちょくちょく文を変更してたりします(あと拙いですが自作絵なども)。
何かある方は、ckcwb305あっとまーくsutv.zaq.ne.jpにご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。