スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物紹介・26 桃生 詩織

        詩織(カラー2)











名前:桃生 詩織(ものう しおり)

誕生日:8/8

利き腕:左

身長:152cm(初登場時)+α

体重:49.2kg(平常時)

階級:ライト・フライ級

ボクシングスタイル:左ボクサーファイター



詳細:
光陵高校女子ボクシング部員。詩織の入学前、光陵高校の『双璧』とあだ名された男子ボクシング部主将、兼生徒会長の桃生 誠を兄に持つ。
あまり気の利いた事を言えない寡黙な少女だが、責任感は人一倍強い。
肩にかかるぐらいの長さの髪で、やや外側へはねている。
一人称は『私』。

初登場は『光陵高校女子ボクシング部 プロボクシング編、第3話』。

詩織は、桃生家の長女として生を受ける。長男・誠とは2歳離れの兄妹。桃生家の跡取りとして厳格な教育を受けてきた誠と同様、物心ついた時には厳しく躾られてきた。
だが、次第に兄が鉄面皮に変貌していったのを後悔した父親が、詩織まで同じようになっては困るとしてあまり厳しくしなくなっている。
そのおかげか、誠と比べて幾分か柔軟な思考で物事を対処出来るようになった。
ただ、彼女にしてみれば何でも平均以上にこなせる兄に対し、平均を僅か上回る程度の実績しか上げられない才能の差がコンプレックスであるようだ。
昔から感情の読めない人物として、詩織は誠に苦手意識を持つ。しかし、決して嫌いな訳ではない。

臆病な訳ではないが、生来口数が少なく寡黙な性格。
感情を面に出すのがあまり得意ではなく、怒りの感情に関しては兄ぐらいにしかまともに見せた事がない。
その冷徹さと上げてきた実績から、周囲から天才肌のように見られる傾向がある。

ボクシングを始めたのは中学三年生の時。当時同級生だった女子ボクシング部員に連れられ観に行った新人戦で、後の先輩となる高頭 柊の試合に惹かれてからである。
兄には内緒で両親に許可を得、割と近い山之井ボクシングジムへと入会。その頃は練習時間の相違もあって、植木 四五郎や下司 ナミらとジムメイトである事を知らなかった。

ボクシングスタイルは、初登場時で右構えのオーソドックススタイル。だが、生来左利きであったのをナミに看破され、サウスポーへと矯正している。
攻守ともにバランスの取れたオールラウンダー。ただ、本人としては柊に倣ってカウンターパンチャーになりたいようだ。
ハンドスピードは新一年生の中では群を抜いている。ただし、パンチ力は新一年生中最も低い。
兄の事を苦手としながらも、所々兄のボクシングスタイルを参考にしている辺り、彼に対し無意識の尊敬が現れているのかも……

得意パンチは左ストレート。

同じ時期に入部した下司 サラ、室町 晶と非常に仲が良い。寡黙な性格だが、お気楽なサラと奔放な晶とは相性が合ったようだ。
逆に、引っ込み思案な比我 秋奈や中森 陽子らとは、あまり会話が成り立たない様子。
学業は上の下といった辺り。充分に優秀なのだが、身内に校内トップがいるだけに本人としては納得出来ていない。

きんぴらごぼうに目がなく、毎食出されても飽きないと豪語する。

ボクサーとして先輩であるナミと柊の事を尊敬・目標としている。ただ、自身の目指すボクシングスタイルという意味で、柊の方が僅かに尊敬度合いが上か。

実は同男子ボクシング部員、我聞 鉄平に密かな想いを寄せていたりする。将来の目標は、プロボクサーとなって世界チャンピオンの座に就く事と、鉄平のハートを射止める事。
スポンサーサイト

コメント

No title

我が家の年代物のアナログテレビちゃんが未だに映っている件…どゆことかしら!?w

はおいといて…w
鉄平クン…女性フラグ3本目!?ww
なかなかやるわね!

我が家も地デジ対策してなかったのですが、何とか見れてますw>TV

さて、鉄平の女性フラグ……というとナミ、アンナ、詩織の3人でしょうか? 見方によっては間違ってないですけど、ナミに関しては完全にポッキリ折れてると公言しちゃいます(^^;
Secre

プロフィール

チャパロット

Author:チャパロット
基本的に携帯サイトで書かせて頂いているもののリメイク(?)ですが、ちょくちょく文を変更してたりします(あと拙いですが自作絵なども)。
何かある方は、ckcwb305あっとまーくsutv.zaq.ne.jpにご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。