スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物紹介・23 比我 秋奈

        秋奈(カラー2)








名前:比我 秋奈(ひが あきな)

誕生日:12/16

利き腕:右

身長:150cm(初登場時)+α

体重:47.6kg(平常時)

階級:ピン級

ボクシングスタイル:右ボクサーファイター


詳細
光陵高校女子ボクシング部所属。ナミたち主要メンバーと同学年だが、入部したのは二年生になってから。
柊によく似たショートボブで、その雰囲気はどこか小動物的なものを彷彿とさせる。

何となく守ってあげたくなる、マスコット的存在。

一人称は『私』。

初登場は『光陵高校女子ボクシング部・プロボクシング編 第1話』。

秋奈は比我家の一人娘として生を受ける。根は臆病で、基本的に争い事の類は大嫌い。だが曲がった事は許せず、一本筋を通す気骨も持ち合わせている。
容姿はごく平凡で、取り立てて秀でたものも持たない。むしろ地味といった方がいいかも知れない。
与えられた役割はきっちり果たさないと気が済まないといった、生真面目な優等生タイプ。
物心ついた時には臆病な性格が既に見え隠れしており、人前で意見するなどは苦手だった。
物事を言い出せないその臆病さは、いつしかイジメられる対象としての立ち位置を確立してしまう。
あくどい陰湿なイジメではなかったものの、秋奈は内にストレスを貯め込んでいき小学六年生の時には一時登校拒否となってしまう。
それを救ってくれたのは当時のクラスメイトの女の子だったのだが、その娘が中学生の時に他県へ引っ越してしまったと同時にまたイジメが再開されてしまった。

イジメられていたのを知っていた両親は、中学卒業と同時に光陵高校に程近いマンションへと娘を引っ越させた。
しかし高校でも同様の行為が繰り返され、それは二年生の時ナミに女子ボクシング部室へ引っ張られるまで続く事となる。


ボクシングスタイルは、性格を表したようにごく平凡的なオーソドックススタイル。
中距離から近距離にかけてのダッシュに植木からの評価を得ており、身を屈めてのダッシュから右ボディーストレートが得意技。

パンチ力は平均を僅か下回り、それを補うような手数の多さもない。

ディフェンス能力に長けている訳でもなく、攻守共に秀でる部分はなし。

ただ、豊富なスタミナと生来持つ打たれ強さで、インファイターとしてそれなりに伸びる資質を持ち合わせてはいる。

喧嘩等の暴力は全く駄目な秋奈だが、ボクシングに関しては『あくまでスポーツ』という見方をしている為平気らしい。

人間、物の見方ひとつで何とでもなるようだ。

両親の配慮で高校の近くのマンションに入った秋奈だが、家の都合により1人暮らしをしている。
また、実は部活仲間の高頭 柊が住むマンションと同じ所だったりする。
中学生の頃から、もし何か始める機会がある時の事を考え、早朝のジョギングだけは欠かさず続けていた為、足腰は意外に強い。

主に自分より背が低いからという理由で、柊に結構可愛がられている。

学業は中の中程度と、これまた平均的。得意科目、苦手科目共になし。

年下の男の子に惚れられやすいらしく、過去に2回告白された経験を持つ(そのどちらも丁重にお断りしている)。

自分をイジメから救ってくれた下司 ナミの事を尊敬し、密かに師と仰いでいる。

将来のビジョンはまだ今ひとつ見えていないが、縁あって始めたボクシングで何かを成したいと考えているらしい。
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

チャパロット

Author:チャパロット
基本的に携帯サイトで書かせて頂いているもののリメイク(?)ですが、ちょくちょく文を変更してたりします(あと拙いですが自作絵なども)。
何かある方は、ckcwb305あっとまーくsutv.zaq.ne.jpにご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。