スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロボクシング編、最終話 『私立光陵高校、卒業!』

 随分と間が空いてしまいましたが、プロボクシング編の最終話をお送りします。





追い出しスパーリング最後の対戦、アンナvs植木。バトルジャンキーのアンナすら圧される程の気迫を放つ植木。
が、アンナは気を持ち直しスタミナの消耗も辞さない攻めを敢行。
そして第2R、がら空きのボディー攻めでダメージを与えるもカウンターを貰ってしまい、ダウンを喫してしまうのだった。









続きを読む

スポンサーサイト

第54話 『追い出しスパーリング(3) 植木の本気』

 プロボクシング編、第54話です。


<拍手返信>

・ぴーこ様:柊に引き続きナミにも格の違いを見せつけられる結果となった弘美。なんとなく彼女はそういう役回りが巡ってきてばかりで少しばかり不憫(汗)
心と晶もとりあえずの決着がつきました。全体の実力こそナミたち三年生には劣りますが、確かにこれからも大会上位は狙っていける部かもです(笑)





追い出しスパーリングも進み、初代主将・三年生の下司 ナミvs新進気鋭の一年生・宇都宮 弘美。
そして旧来の因縁に決着をつけるべくぶつかった、知念 心vs室町 晶。
それぞれに一応の決着がつき、残すは最後の闘い。イタリアンハーフの城之内 アンナと顧問・植木 四五郎との一戦を控えていた。









続きを読む

第53話 『追い出しスパーリング(2) プロの洗礼』

 プロボクシング編、第53話です。



≪拍手返信≫
フリード様:遅くなりましたがコメントありがとうございます。いつも読んで頂けて感謝の言葉もありません。女子ボクシング方面の小説サイト(ブログ)も少なくなってきてますが、お互いに頑張っていきましょう。





三年生と一・二年生合同の追い出しスパーリング。数多くのギャラリーが見守る中、次々と試合が始まっては終わっていく。
そしていよいよ初代主将を務めた現役女子プロボクサー・下司 ナミの出番となった。









続きを読む

第52話 『追い出しスパーリング(1) 先輩、後輩』

 プロボクシング編、第52話です。

全く何か月ぶりの本編更新でしょうね(汗) 来年の1月いっぱいでお世話になっている携帯小説サイト(光陵高校女子ボクシング部もそこが原点です)がサービス終了との事で、もっと尻を叩かなきゃいけない所なのですが、師走ともあって仕事がとても忙しく……ともかく、精一杯頑張っていきたいと思いますのでこれからもお付き合い下さい。

謝罪:携帯版でサラと雪菜がI・Hを賭けての部内選考で闘った、と書いてましたが正確には冬の国体出場を賭けて(本編で語られず)の間違いでした。お詫びと共にこちらでは訂正させて頂きます。





光陰矢の如し。月日は瞬く間に過ぎ、季節は2月。光陵高校に入学して3度目の冬、ナミたち三年生は歓送の意味を込めた一・二年生からの追い出しスパーリングを受ける。









続きを読む

第51話 『中山 梨沙の真相』

 プロボクシング編、第51話です。


<拍手返信>
・hayase様:拙い絵ではありますが、感想を頂きましてありがとうございます。

・マサト様:ご無沙汰しております。現実の試合なら中々ないシチュエーションですが、二次元の世界ではある意味日常茶飯事な光景ですよね(笑)
恐らく背景をちゃんと描いていればもっと臨場感が上がったのでしょうが……

・ヨシコ様:萌えちゃいましたか。よし、狙い通り(笑) いつもいつもいの一番に感想を頂いて、本当に感謝の念に絶えません。励みになってます!!





苦戦を重ねたナミのプロ第2戦。辛くも判定勝利となった彼女の前に、歴史上初のオリンピック女子ボクシングで金メダルの快挙を成し遂げた高頭 柊が数ヶ月ぶりに姿を現す。
現地で撮ってもらった大量の写真を眺めるうちに、湧き上がった好奇心から彼女とのスパーリングを希望するナミだったが、柊はこれを拒絶するのであった。









続きを読む

プロフィール

チャパロット

Author:チャパロット
基本的に携帯サイトで書かせて頂いているもののリメイク(?)ですが、ちょくちょく文を変更してたりします(あと拙いですが自作絵なども)。
何かある方は、ckcwb305あっとまーくsutv.zaq.ne.jpにご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。